ガリガリの胸を大きくしたいと悩んでいる方に向けた対処法とは?

ガリガリの胸を大きくしたいと悩んでいる方に向けた対処法とは?

▼安全・人気のバストアップサプリ▼

ルーナ

「バストサイズは遺伝」はウソ!?ホント!?

 

親子は顔や体つきがよく似ています。私も子供を出産してから母と体型がよく似てきたような気がしますし、知り合いからも似てきたと言われるようになってきました。女性としては「バストサイズは遺伝が関係しているのか」も気になるところです。運動神経や声、性格まで親子でそっくりになるのだからバストサイズも遺伝すると思いますが、実際にはバストサイズは遺伝しない可能性の方が高いそうです。

遺伝するのはどの部分?

そもそも遺伝する部分は一般的には身長や体質だそうです。体質が遺伝するといっても、それは可能性の話なのでもちろん体質が全て遺伝するわけではありません。例えば薄毛は遺伝する可能性がありますが、必ずしもそうなるとが限りません。

バストサイズが遺伝する確率は?

母から娘へバストサイズが遺伝する可能性は、30?40%の確率だといわれています。残りの60?70%は、成長期である10?18歳の過ごし方が関係しているようです。

睡眠時間が短い

成長期に夜更かしをしてしまうと、女性ホルモンの分泌が減ってしまいます。少しずつ大人の体つきになっていく時期なので、そのときに睡眠時間が不足してしまうとうまく体を大きくすることができません。睡眠時間は身長などにも関係してきます。

過度なダイエットをした

成長期に過度なダイエットをしてしまうことも、よくない習慣のひとつです。無理な食事制限などは栄養不足になり得ますので気をつけましょう。

ストレスが多い生活

実は、バストのサイズには成長期に感じたストレスも関係しています。女性の体はとてもデリケートなので、悪影響を受けてしまいバストが小さくなってしまいます。

栄養バランスが悪かった

子供の頃は特にお菓子が好きだった方は多いですよね。お菓子やカップラーメンなどのジャンクフードばかり食べていると、栄養バランスが偏ってしまいます。やはり栄養バランスが整っていないとバストも大きくなれません。

 

>バストサプリのランキングはコチラ

細いのに胸がある女性は実在する!その理由って…?

身体が細いのに、胸はしっかりある女性に出会ったことはありますか?正直マンガの世界の話だと思ってしまいますが、意外にそういう女性はたくさんいます。例えば桐谷美玲さん、ローラさん、上戸彩さんらは女性が憧れるほど細いのにバストも大きいです。一般的な考えは「細い人は脂肪がないから、胸のサイズは小さい」「太い人は胸も比例して大きい」のどちらかです。一体どうすれば「細いけど胸は大きい」という体型になれるのでしょうか。

▼安全・人気のバストアップサプリ▼

ルーナ

胸にばかり脂肪がつく体質

「太るときは胸だけ」なんて、バストが小さい人には夢のような体質の女性は結構います。一見羨ましい体質ですが、ダイエットをしてもバストの脂肪はなくならないのが悩みであるかたもいらっしゃいます。体質なので真似しようがないですが、バストに悩む女性の意見としてはただただ羨ましいです。

適度な運動

実はバストにはそもそも筋肉がありません。しかし、バストは独立しているわけではなく大胸筋などに支えられています。筋肉は発達することで厚みをもつので、大胸筋も同様に鍛えることで筋肉に厚みができ、結果的にバストが大きく見えます。大胸筋を鍛えておくと、将来的に胸が垂れにくくなりますよ。

 

>バストサプリのランキングはコチラ

食べても太れない人の原因とは?

 

たくさん食べているのに全然太らない人っていますよね。最近ではタレントのみちょぱ(池田美優)さんがよく「太れない体質だ」と言っています。太りたくない人にとっては嬉しい体質ですが、なかには細すぎるから太りたいと感じているかたもいますし、病気で太れなくて困っているかたもいます。食べても太ることができない原因を上げていきます。

 

基礎代謝が高い

安静にしていても自動的に消費してしまうエネルギーのことを基礎代謝といいます。基礎代謝量が普通の人よりも大きい人は、他の人と同じだけ食べても、普通以上にエネルギーを消費してしまうので脂肪を身体に蓄えることができません。少量でも栄養価の高いものを食事としてとりましょう。

腸が弱っている

腸が弱ると食べ物が体にうまく吸収されず出て行ってしまいます。普段から下痢や便秘などで悩んでいる人は腸に原因がある可能性があります。ストレスを溜め込まないようにしましょう。

胃下垂

胃が正常な位置より垂れ下がり、胃の中のものがうまく消化できない状態が続くことを胃下垂いいます。食後、うまく消化されず胃に長時間食事が溜まったままなので、膨満感があり食欲が出ません。初期の症状であれば、腹筋を鍛えることで胃が押し上げられ、正常な位置にもどる可能性があります。

甲状腺ホルモンの異常

甲状腺ホルモンは体の代謝や自律神経をコントロールしています。過剰になると必要以上にカロリーを消費してしまい、太れないだけでなく、手の震え、多汗などの症状があらわれます。急激な体重の低下があった場合は、可能性の一つとして考え、甲状腺ホルモンの異常が考えられる場合は、早めに病院を受診しましょう。

痩せ細菌が多い

腸内には太る細菌と痩せる細菌がいます。太る細菌が多い人は太りやすく、痩せる細菌が多い人は痩せやすくなります。細菌の割合を変えることができれば体質が改善することもできます。

体温が低い

痩せている人は脂肪や筋肉が比較的少ないため、体温が低くなりがちです。体温が低くなると腸内の酵素の働きが鈍ってしまいます。体温が1度下がると、酵素の働きは半分以下に落ちてしまうことも明らかになっていますので、体温を高く保つようにしましょう。

 

>バストサプリのランキングはコチラ

食生活の改善方法とは?どうすればいいの?

食事は自分の好みが反映され、悪い食生活を長期間続けてしまう傾向があります。体によくない食習慣を続けてしまうと生活習慣病につながってしまう可能性があります。下記の項目で思い当たる点はないでしょうか?

・濃い味付けが好き
・野菜をあまり食べない
・ファストフード、コンビニ弁当をよく食べる
・朝食を抜いてしまうことが多い
・お腹がすいて眠れないと夜食を食べてしまう
・お腹いっぱい食べないと気がすまない
・早食いである

▼安全・人気のバストアップサプリ▼

ルーナ

血圧、血糖値、脂質は生活習慣病と大きくかかわりがあります。例えば塩分を摂取しすぎると高血圧につながります。悪い生活習慣を放置しておくと、バストが成長できません。バランスの良い食事を心がけましょう。

 

直接料理に調味料をかけるのではなく、小皿に調味料を入れ、それをつけて食べるようにする方がいいです。濃いめに出汁をとったり、カレー粉などの香辛料を使ったりすることで、塩分が少なくても満足感がアップします。レモン汁や酢を活用すると減塩に結びつきますよ。

食事以外にやるべきことは?について以下を記載してください。

バストアップサプリを飲む

どうしてもバストが気になる場合は、バストアップサプリを飲んでみましょう。成長期が終わった頃から飲むことでバストに張りがでたり、肌がきれいになったりと女性にとって嬉しい効果があらわれます。バストアップサプリも種類がたくさんあるので、自分にあったサプリをさがしてみてください。

 

>バストサプリのランキングはコチラ

適度な運動で血行を促す

運動は生活習慣病の発症を手助けしてくれます。運動不足が思い当たる人は、少しでも運動をするように心がけてみましょう。最初は無理なトレーニングはせず、「続けること」を目標にしてみてください。

矯正下着の着用

バストについている脂肪は移動してしまうことをご存知ですか?矯正下着を着用することで、背中やお腹に流れて行ってしまったバストの位置を元に戻すことで印象も変わりますので、矯正下着を着用しましょう

大胸筋を鍛える

前述した通り、バストにはそもそも筋肉がありません。筋肉は発達することで厚みが出てくるので、結果としてバストが大きく見えます。大胸筋を鍛えておくことで将来的に胸が垂れにくくなります。

ガリガリの胸を大きくしたいと悩んでいる方に向けた対処法のまとめ

細身の方がバストサイズをアップするためには以下のことに気をつけましょう。

・成長期によく眠る
・過度なダイエット(食事制限など)はしない
・はけ口をみつけ、ストレスを溜めない
・栄養のバランスがとれた食事を心がける
・適度に運動をする
・バストアップサプリを飲む
・矯正下着をつける

何事もやりすぎるのは良くありません。自分にあった方法を探して、結果が欲しいからといって急ぎすぎないようにしましょう。生活習慣病は大人だけではなく子供もなり得るので気をつけましょう。
特にバストアップサプリはバストが大きくなるだけではなく、ハリ・ツヤがでてきたり、肌がきれいになったりしますので、成長期を終えた女性にはおすすめです。

▼安全・人気のバストアップサプリ▼

ルーナ

 

>バストサプリのランキングはコチラ