豆乳で胸が大きくならない理由!エクオールが関係?※豆乳愛用者必見

豆乳で胸が大きくならない理由!エクオールが関係?※豆乳愛用者必見

▼安全・人気のバストアップサプリ▼

ルーナ

 

バストアップさせるために豆乳を飲んでいるけれど、一向に胸が大きくならない人もいれば、豆乳を飲んだことによってバストアップに成功した人もいます。なぜ同じように豆乳を飲んでいるに、胸が大きくなる人とならない人がいるのでしょうか。今回はその疑問にお答えするために豆乳で胸が大きくならない理由について紹介します。

大豆に含まれるイソフラボンの成分

大豆には女性ホルモンのエストロゲンに構造が似ているイソフラボンという成分が含まれています。女性ホルモンの作用を持っているイソフラボンは更年期症状の緩和や骨密度の維持の他、バストアップにも効果があるといわれてきました。しかしこの大豆イソフラボンの効果は個人差があることがわかってきました。食事から摂った大豆イソフラボンは腸へ行くとエクオールという成分に変化します。

 

しかし大豆イソフラボンが腸でエクオールにならないで、ダイゼインという成分のまま腸に吸収されてしまう場合もあります。エクオールの方が、ダイゼンより高いエストロゲン活性を持っています。

 

エクオールを作れる日本人は多い?

エクオールを作れる人の割合は、日本人で50%程度といわれており、他の国と比べてみると高い水準です。なぜ日本人が他の国の人に比べエクオールを作れる割合が大きいかというと、大豆の摂取量が高いからではないかといわれています。

 

しかし、食生活の欧米化などにより、日本人の大豆の摂取量は若い世代を中心に減少しつつあります。

 

>大人気のバストアップサプリはこちら

 

イソフラボンの過剰摂取は意味がない!?

 

▼安全・人気のバストアップサプリ▼

ルーナ

 

胸が大きくなるように、豆乳ばかり飲んではいませんか?

 

もしかしたら豆乳で胸が大きくならない理由は、そこにあるのかもしれません。豆乳には女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンという成分が含まれているので、バストアップにも期待できますが、豆乳ばかり飲んでいると過剰摂取となり女性ホルモンのバランスを崩してしまうかもしれないからです。この女性ホルモンのバランスの崩れが原因で、胸の発育を妨げている原因なのかもしれません。

胸の発達には栄養素のバランスが大事!

胸の発育を促すためには一種類の栄養素ばかりに目を向けるのではなく、さまざまな栄養素をバランスよく摂ることがポイントになります。

 

さまざまな栄養素をバランスよく摂ることによってホルモンバランスの乱れを整えることができ、胸の成長につながるからです。また、バランスよく栄養を摂る以外にも、しっかりと睡眠をとることや規則正しい生活をすることもホルモンのバランスを整えることにつながるので、胸の成長にとって大切なことといえるでしょう。

 

>大人気のバストアップサプリはこちら

豆乳で胸が大きくならない理由とは?


▼安全・人気のバストアップサプリ▼

ルーナ

 

 豆乳で胸が大きくならない理由は、エクオールが関係している場合もあります。エクオールは高いエストロゲン活性を持っているので、エクオールをつくれる人は、豆乳を摂取することによってバストアップが期待できます。しかしエクオールをつくれない人は、エストロゲン活性が低めのダイゼインのまま腸から吸収されてしまうので、いくら豆乳を飲んでも効果が期待できないのです。エクオールをつくれる人とつくれない人の差は、腸内フローラが関係しています。

エクオール産生菌とは?

大腸にはさまざまな腸内細菌がありますが、その中の一つにエクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌があります。この腸内細菌が大豆イソフラボンをエクオールに変換してくれます。したがってエクオールをつくれる人の腸内にはエクオール産生菌がいますが、エクオールをつくれない人の腸内にはエクオール産生菌はいません。しかしエクオールをつくれる人であっても、エクオールは摂取後1日で体外に排出されてしまうので、定期的に豆乳などで大豆イソフラボンを摂取することが大切です。

 

>大人気のバストアップサプリはこちら

 

大切なことは適量の大豆を継続的に摂取すること

▼安全・人気のバストアップサプリ▼

ルーナ

大豆イソフラボンを摂取しても、エクオールをつくることができなければ効果がないと思って豆乳を飲むことをやめてはいけません。なぜならエクオールをつくれる人は、毎日大豆を食べてる人が多いということがわかっているからです。大豆イソフラボンは摂取しても1日か2日で体外に排出されてしまうので、一度にたくさん摂るのではなく、継続的に摂取することが大切です。したがって豆乳で大豆イソフラボンを摂取するなら1日200ミリリットルから400ミリリットルくらいを目安にするようにしましょう。豆乳でバストアップしたいと思っているなら、即効性を期待してはいけません。大豆イソフラボンの効果は半年ほど絶たないと実感できないといわれているので、長期的な視野を持つようにしましょう。

豆乳を飲むタイミング

効果をより実感したいのであれば、豆乳を飲むタイミングも大切です。成長ホルモンが最も多く分泌される夜10時から2時の間は、女性ホルモンにも関係しています。したがって寝る前に豆乳を飲めば高い効果が期待できるのではないでしょうか。

血行の悪化にも注意

冷えなどで血行が悪くなるとバストアップの効果が低くなってしまうので、なるべく体を冷やさない工夫をすることも大切です。

 

>大人気のバストアップサプリはこちら

 

まとめ

バストアップに欠かせないエクオールのことを知ることができたでしょうか。豆乳を飲んでバストアップしたいと考えているなら、豆乳以外の大豆製品を積極的に摂ることも大切です。エクオールの多い人は毎日の食事の中で納豆や豆腐などの大豆製品を多く摂り入れている人が多いので、毎日の献立に大豆製品を摂り入れる工夫をするのがいいでしょう。

▼安全・人気のバストアップサプリ▼

ルーナ

 

>大人気のバストアップサプリはこちら