妊娠・妊活中のバストアップサプリは胎児に影響あり?※妊婦の方必見

妊娠・妊活中のバストアップサプリは胎児に影響あり?※妊婦の方必見

▼イケメンにモテる大きめバストに▼

ルーナ

 

バストアップサプリの代表成分として知られるプエラリア・ミリフィカには、女性らしい体を生み出す女性ホルモンの「エストロゲン」に似た作用を持つ「植物性エストロゲン」が豊富に含まれていることで知られています。今回は、そんな女性ホルモンについて紹介します。


女性ホルモンは2種類の作用がある?

女性ホルモンはエストロゲンの他に、精子と卵子の着床や胎児の成長をサポートするプロゲステロンに似た作用があり、生理周期に合わせて両者の分泌量が変化します。つまり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

プロゲステロンとエストロゲンの作用

プロゲステロン(黄体ホルモン)は、胎盤を形成して流産を防ぎ、赤ちゃんがお腹の中でちゃんと成長できるようにするためなので非常に重要なプロセスです。なお、女性は妊娠するとプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が活発になります。エストロゲン(卵胞ホルモン)も赤ちゃんに合わせて子宮を大きく広げたり乳腺を発達させて、授乳に備える作用があります。妊娠するとエストロゲンは減少します。これが赤ちゃんを育てるための正常な状態です。

妊婦さんはバストアップサプリを飲んでいいの?

妊婦が摂取した栄養のほとんどは血流に乗って全身に送られるものであることから、この血液が最も重要な部分をしめる胎盤と母乳に多くの女性ホルモンが含まれることになります。それがおなかにいる赤ちゃんに多くのホルモンが入り込むことで、その体に変化を及ぼすことになります。

妊娠・授乳中は医師に相談もしくは摂取することを制限しましょう。

▼イケメンにモテる大きめバストに▼

ルーナ

サプリの服用中に妊娠が発覚したら?

またサプリには添加物が多く含まれているものがあります。安全性は確認されていますが、大切な赤ちゃんのことを考えるとできれば余計なものは口に入れたくないです。妊娠中は、想像以上にとてもデリケートな状態ですので、バストアップサプリに限らず、サプリメントの服用は最新の注意が必要になります。

バストアップサプリを飲んでいる途中で妊娠が判明した時は、ただちに摂取をやめるようにしましょう。

 

>大人気のバストアップサプリはこちら

妊活中の人はバストアップサプリを飲んでいいの?

バストアップサプリの口コミでは、「飲み始めてすぐ妊娠した」など、妊活効果を実感している方をちらほら見かけます。エストロゲンは排卵期、つまり妊娠の為の準備をする時期に分泌が多くなるホルモンですから、植物性エストロゲンを含むバストアップサプリを飲むことで、女性ホルモンが高まって妊娠しやすくなるのでは?と期待する方もいるかもしれません。しかし、そういった確証はありません。

もしも妊娠したことに気付かずに飲み続けてしまうと、ホルモンバランスが崩れて着床を阻害する可能性も出てきますので服用は控えましょう。

不妊治療中の方はバストアップサプリを飲んでいいの?

特に不妊治療中の女性は元々エストロゲンが低下していたり、ホルモンバランスが崩れている傾向にありますので、プエラリアの摂取はさらに現在の状況を悪化させる恐れがあります。不妊治療中には自己判断でサプリメントなどを使用せずに、かかりつけの医師の指示に従い、治療を続けましょう。また、何らかのサプリメントの使用を希望する場合には、医師に相談してから摂取するようにしてください。バストアップサプリを飲むことで妊娠するという医学的根拠はありません。

不妊治療中のサプリ摂取は不妊の原因となる恐れがありますので、妊娠を計画している方は控えましょう。

 

>大人気のバストアップサプリはこちら

▼イケメンにモテる大きめバストに▼

ルーナ