バストアップサプリを飲むと副作用でガンになるって本当・嘘?※服用心配な方必見

バストアップサプリを飲むと副作用でガンになるって本当・嘘?※服用心配な方必見

▼安心・安全!大きめバストに▼

ルーナ

 

バストアップサプリが気になるから試してみたいけど、例えばがんなど怖い病気になるリスクとかはないのかしら?と思いますよね。使用している人の口コミを調べてみたら、胸にしこりが出来た、みたいな書き込みをしている人を見かけることも。乳がんとかは大丈夫なのかな…?とてもサプリは、興味はあるけど、病気のリスクが怖くてなかなか試せない。そんなデリケートなお悩みを抱えてしまうこともあるかと思います。

 

 

食事やストレッチなども大切ですが、手軽に効果が望めるのであれば、やっぱりバストアップサプリを試してみたいですよね。ですので今回は、バストアップサプリと乳がんの関係はあるのか、調査してみました。バストアップサプリを飲むことによる胸のしこりは、乳がんと関係があるのか、不安や心配な方のお役に立てたら幸いです。ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

>安全なバストアップサプリはこちら

▼安心・安全!大きめバストに▼

ルーナ

 

そもそも乳がんとはどんな病気なの?

これから乳がんとバストアップサプリとの因果関係を解き明かしていきたいと思うのですが、そもそも乳がんは、どのような病気なのでしょうか?
乳がんとは、乳房を形成する組織である「乳腺」と「脂肪」のうち、乳腺から発生してしまうがんのことを指します。他のがんと同様に、細胞の遺伝子異常が原因で発生します。日本では年々発症者が増えています。原因としては、昔に比べて日本の食事文化が欧米化し、肥満者が急増してしまったこと、未婚の女性や高齢出産される女性が増加したこと
が大きな要因となっています。

乳がんの症状とは?

乳がんの症状としては、胸のしこりやえくぼといった皮膚の変化、胸の周りのリンパ節の腫れなどが挙げられます。1番の特徴としては、病気の発症や進展において、ホルモンの特にエストロゲンに依存すると言わています。1度発症すると、乳がん細胞は体内にあるエストロゲンを寝床にして成長していきます。

乳がんの要因は?

乳がんのリスク要因としては、以下のようなものがあります。

(1)生理・生殖要因

 初経が早い・閉経が遅い・出産歴がない・初産の時期が遅い・授乳経験がないなど。

(2)体格

 高身長である・閉経後の肥満症状など。

(3)生活習慣

 飲酒習慣がある(食事習慣につきましては、脂質や一部の野菜や果物、イソフラボンなども研究されていますが、確実な根拠はありません。)

(4)その他

 一親等の家族の乳がん歴がある(遺伝要因)、電離放射線の暴露・マンモグラフィ上の高密度所見など。

 

>安全なバストアップサプリはこちら

乳がんとバストアップサプリとの関係性は?

▼安心・安全!大きめバストに▼

ルーナ

1番気になるのは、このような怖い乳がんとバストアップサプリとは関係があるのかどうかですよね。これを知るために、まずはバストアップサプリを飲むと、どのような過程でバストが大きくなるのか、仕組みについて調べてみました。

バストアップサプリの主成分は?

バストアップサプリの主成分には、女性ホルモン様成分が含まれています。この成分を摂取することで乳腺が刺激され、胸の内側に脂肪が増えていきます。この際に、乳腺を刺激し続けることで乳腺が発達します。実はこれこそがしこりの正体だとされているのです。前述させて頂いたように
乳がんによって出来るしこりの正体は、悪性の腫瘍ですので、バストアップサプリで生じるしこりと乳がんとは関係がありません。実際に2017年現在で、バストアップサプリの主成分であるプエラリアの摂取が原因で乳がんが発症したという事例は、まだ発見されていません。

発がん作用は全くないのか?

では、バストアップサプリには、発がん作用は全くないと言えるのでしょうか?サプリを飲む上の注意点がもしあるのであれば、知りたいところですよね。結論から先に申し上げますと、バストアップサプリには発がん作用はないと考えられています。しかしながら、がんを促進する効果はあると言われています。発がん作用とがんの促進効果との違いについては、混乱しやすい点だと思いますので、以下で詳しく説明させていただきますね。

発がん作用とは?

発がん作用いうのは、正常な細胞をがん細胞へ変換してしまう作用のことを指します。発がん作用のある物質として有名なのは、たばこに含まれるニコチンやタールなどがあります。他には、食べ物に含まれている添加物だったり、農薬などにも発がん性があると言われていますが、バストアップサプリにはこのような発がん作用はないとされています。

がん促進作用とは?

がん細胞を増殖させる作用は、発がん作用とは別です。バストアップサプリには、プエラリアという成分を含むものが多いのですが、動物実験ではプエラリアが、乳腺のがん細胞の増殖を促したという報告もなされています。この理由としては、プエラリアに含まれるエストロゲン物質が乳がんの細胞と結びついたことにより分裂が繰り返されて、がん細胞を増殖してしまうからです。

 

>安全なバストアップサプリはこちら

まとめ

以上のことから言えることは、バストアップサプリは、もともとがんではない人が服用する分には大丈夫なのですが、すでにがんを発病をしている方が飲んでしまった場合、がんの増殖を促してしまいます。そのため、がんの疑いがある方は、絶対に飲まないようにしましょう。またバストアッププサプリは、がんの可能性がある方の他に、以下の条件に該当する人は服用を避けるように呼びかけられています。

・妊娠中の女性
・妊娠の可能性がある人
・授乳中の女性
・初経前の女性
・小児、未成年者

 

いかがでしたでしょうか?少しでも参考になりましたら嬉しいです。健康な方が使用いただく分には、とても効果が望めるサプリだと思いますので、是非お気軽に試していただければと思います。

 

>当サイトのトップページはこちら

 

▼安心・安全!大きめバストに▼

ルーナ